アセビ中毒

 
TOP犬の病気の辞典犬の中毒>アセビ中毒
 知らないと損をする!? オススメの犬の保険はこれです

犬のアセビ中毒

散歩中のアセビに注意



アセビ中毒の症状

アセビの若芽や樹皮を犬が食べる事により中毒になります。どのぐらいの量で中毒になるかは分かっていません。

よだれや嘔吐、歩き方がふらつく、心臓の鼓動が早まる、呼吸困難になるなどの症状が見られます。



アセビ中毒の原因

アセビの植物の葉や木には有毒の成分(アンドロメドトキシン、アセボビトキシン)が含まれておりこの成分が迷走神経の中枢を興奮、麻痺させ運動神経の末端をも麻痺させてしまい、これらの症状が現れます。



アセビ中毒の予防・診断・治療

診断
犬の症状から診断を行います。犬がいつも通っている散歩コースにアセビはなっているのかも重要な診断要素になります。


治療
硫酸アトロピンの皮下注射を行い治療します。


呼吸器の病気に戻る

犬の病気の辞典に戻る



 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



  犬の保険を知る! 

今注目されている犬の保険を徹底的に紹介した当サイト一番人気のコンテンツです。
これさえ見れば犬の保険がわかります!!

犬の保険を知る

犬の辞典コンテンツ  捨て犬をなくす宣言「犬を捨てま宣言」

当サイトでは捨て犬をなくすために犬を捨てま宣言を募集しております。
犬を捨てま宣言へ



  

犬の辞典のオススメ