知らないと損をする!オススメの犬の保険ベスト3!!

犬がふるえる/けいれんする時の診断

犬がふるえる/けいれんする時に考えられるおもな原因としては以下のことが考えられます。

  • 尿毒症
  • 脳や神経の異常
  • 狂犬病
  • ジステンパー
  • 破傷風
  • 低血糖症
  • 不安や恐怖から来るもの
  • 低体温症
  • 中毒
  • 激しい痛み

病気辞典から病気ごとに、症状・原因・診断・治療別に紹介します。

犬の病気辞典!症状、原因、診断、予防、治療から詳しく紹介



考えられる原因と対処方法

犬の体が小刻みに震えるなどする症状は尿や便などと同様に病気のサインになることがあります。


また病気だけではなく、不安や恐怖、興奮状態にあるとき、寒気の時などにも同様のふるえるなどの症状が現れることがあります。


ですのでふるえるなどの症状が病気からくるものなのか、それ以外の原因からくるものなのかを見極めなければいけません。


日ごろからわんこと接している飼い主さんであればこの見極めは非常に簡単です。


不安や恐怖から来るのかは、いつもと違うことがわんこに起きているかを考えれば事前とわかります。

寒さであれば、寒がりなわんこは外に出ると常に震えていることもあるので見極めは簡単です。

興奮状態の時も同様です。



また私たちも経験があると思いますが、お腹がいたくなったりするときにも全身が震えるようになる症状が出たりしますが、わんこも同様で腹痛の際にもふるえるなどの症状を表します。



しかしけいれんするようなふるえが止まらなくなってしまった時は、低体温症、中枢神経の異常、低血糖症などの原因も考えられます。

ふるえているのかけいれんしているのかは見ればすぐにわかります。


ただし恐怖によるふるえの場合(たとえば雷が嫌いなわんこが急に雷が鳴ってしまった時)恐怖のあまり全身が震えてほとんど半狂乱になり呼吸も荒くなりけいれんに近い症状になることもあります。


精神的な理由や一時的なものの場合は安心させたり暖かい場所に移動したりすれば症状は治まりますが、いつまでもふるえている、けいれんするなどの場合は急を要することもありますので動物病院での診断が早急に必要です。



犬の健康診断TOPへ戻る





 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



サブコンテンツ

犬の辞典人気ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    犬の保険を比較するコンテンツが当サイトの1番人気コンテンツに。

    1か月のページビューは約3000ページビューと多くの方にご覧いただけました。

    ありがとうございます。

    日々多くの方が犬の保険について関心をお持ちであるということが伝わってきました。

  • オススメのドッグフードとドッグフードの真実

    犬の保険ランキング

    ドッグフードについてのコンテンツが2位にランクイン。

    今だ知られることのないドッグフード業界の裏の闇を暴露しながらそんな闇に愛犬が呑み込まれないようにするためのドッグフード選びを紹介しているコンテンツです。

  • 犬を捨てま宣言

    アイペットを知る

    捨て犬をなくす為の活動「犬を捨てま宣言」が3位にランクインしました。

    「あなたの宣言で捨て犬を0に」をテーマに犬の辞典で最も力を入れて取り組んでいるプロジェクトです。

    ぜひご協力お待ちしています。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ

このページの先頭へ