知らないと損をする!オススメの犬の保険ベスト3!!

犬が発熱する時の診断

犬が吐いてしまう時に考えられるおもな原因としては以下のことが考えられます。

  • 気管支炎
  • 肺炎
  • 尿路感染症
  • 感染症
  • 熱中症
  • 中毒
  • その他炎症性の病気

病気辞典から病気ごとに、症状・原因・診断・治療別に紹介します。

犬の病気辞典!症状、原因、診断、予防、治療から詳しく紹介



考えられる原因と対処方法

健康な犬が静かにしている時の体温は38.3~39.2分です。


運動した後や興奮した時には一時的に上昇しますが、それ以外の時に発熱をしたら、何らかの感染症に侵されたか、ケガなどの炎症を起こしている、中毒になっていることが考えられます。


犬がいつもより元気がなく、食欲も低下し、よろよろとした感じがある時は発熱しているかもしれません。


上記のように発熱時には何かしら他の症状を同時に表れることが多く、発熱と他の症状との複合で判断する必要があります。


犬の平熱は人間よりも高いので、発熱すると40度前後になることがあります。


最近では犬用のデジタル体温計が市販されており、肛門から正確な体温を測ることが可能です。


また人間用の体温計も流用出来ますので、犬用と人間用を分けて用意しておくとよいでしょう。


ただし微熱だけで食欲もしっかりあって他の症状も変化が見られないときは1度様子を見てもいいと思います。


私の場合は若いわんこの時では、発熱しても元気で1日たつと体温も元に戻ることが非常に多かったです。


しかし老犬になってからはそういうわけもないと思い、その日のうちに病院に行って薬をもらっていました。


決定的なこととして「おまえはそれでも熱があるのか」っと思えるような元気の良さがあるようなら様子を見る、それ以外は病院へ行くということですね。

ただしそれでも微熱が長く続くようであれば病院で見てもらったほうがいいです。



犬は熱中症になったときにも発熱します。

真夏の炎天下の日に日差しに下で犬をつないでそのままにしておく、駐車した車の中に閉じ込めておくなどにより犬は熱中症になります。


呼吸が速くなり、激しく喘ぎよだれを垂らすようになったら非常に危険です。

犬は41度を超えると急激に脱水症状を起こして死亡することもあります。


たとえ死を逃れても何らかの後遺症が残ることもあります。


このような症状が現れたときには早急に病院へ



犬の健康診断TOPへ戻る





 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



サブコンテンツ

犬の辞典人気ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    犬の保険を比較するコンテンツが当サイトの1番人気コンテンツに。

    1か月のページビューは約3000ページビューと多くの方にご覧いただけました。

    ありがとうございます。

    日々多くの方が犬の保険について関心をお持ちであるということが伝わってきました。

  • オススメのドッグフードとドッグフードの真実

    犬の保険ランキング

    ドッグフードについてのコンテンツが2位にランクイン。

    今だ知られることのないドッグフード業界の裏の闇を暴露しながらそんな闇に愛犬が呑み込まれないようにするためのドッグフード選びを紹介しているコンテンツです。

  • 犬を捨てま宣言

    アイペットを知る

    捨て犬をなくす為の活動「犬を捨てま宣言」が3位にランクインしました。

    「あなたの宣言で捨て犬を0に」をテーマに犬の辞典で最も力を入れて取り組んでいるプロジェクトです。

    ぜひご協力お待ちしています。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ

このページの先頭へ