知らないと損をする!オススメの犬の保険ベスト3!!

犬が脱水を起こす時の診断

犬が脱水を起こす時に考えられるおもな原因としては以下のことが考えられます。

  • 急性胃炎
  • 下痢
  • 急性腎不全
  • 腎炎
  • 熱中症
  • 重い感染症
  • 嘔吐

病気辞典から病気ごとに、症状・原因・診断・治療別に紹介します。

犬の病気辞典!症状、原因、診断、予防、治療から詳しく紹介



考えられる原因と対処方法

犬の体を作っている組織は体液に浸されています。


体液はほとんどが水ですが、その水の中に電解質やタンパク質、栄養素などが含まれています。


体が正常な状態であるためにはこれらの成分バランスが常に一定に保たなければなりません。


犬が病気になると体液中の水分が余分に失われ、脱水症状を起こします。


犬の体からは、尿や便、よだれ、鼻水、吐息などとして常に水分は失われています。


犬が病気になり、大量の下痢や嘔吐をして体内の水や電解質が失われると脱水症状を起こします。


特に発熱をしたときには、犬の体はいつもよりも余分に水分を必要とするので、脱水症状が起こりやすくなります


脱水症状の初期

脱水症状が起こると、口や目の粘膜が乾いたようになる、目が落ちくぼむなどの症状が現れます。


これらの症状が出る時は、体の体重の数%の水分が失われて時です。



脱水症状の後期

脱水症状がさらにひどくなり、10%以上の体液が失われると犬はショック症状から、口の中や目の周りが青白くなったり、ぐったりして動かなくなったりします。

こうなると急に死亡することもあるので危険です。



症状に気がついたら

犬の脱水症状が軽いうちに気づいたら、スポーツドリンクか砂糖を溶かした水などを口から与えます。

ただの水を与えるとかえって体液の電解質が崩れ、症状が悪化することがあります。

脱水症状は犬の生命が危険にさらされている状態ですので注意が必要です。



犬の健康診断TOPへ戻る





 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



サブコンテンツ

犬の辞典人気ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    犬の保険を比較するコンテンツが当サイトの1番人気コンテンツに。

    1か月のページビューは約3000ページビューと多くの方にご覧いただけました。

    ありがとうございます。

    日々多くの方が犬の保険について関心をお持ちであるということが伝わってきました。

  • オススメのドッグフードとドッグフードの真実

    犬の保険ランキング

    ドッグフードについてのコンテンツが2位にランクイン。

    今だ知られることのないドッグフード業界の裏の闇を暴露しながらそんな闇に愛犬が呑み込まれないようにするためのドッグフード選びを紹介しているコンテンツです。

  • 犬を捨てま宣言

    アイペットを知る

    捨て犬をなくす為の活動「犬を捨てま宣言」が3位にランクインしました。

    「あなたの宣言で捨て犬を0に」をテーマに犬の辞典で最も力を入れて取り組んでいるプロジェクトです。

    ぜひご協力お待ちしています。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ

このページの先頭へ