知らないと損をする!オススメの犬の保険ベスト3!!

犬の歩き方がおかしい時の診断

犬の歩き方がおかしい時に考えられるおもな原因としては以下のことが考えられます。

  • 小脳の障害
  • 骨のガン
  • 骨折
  • 脱臼
  • 股関節整形不全
  • けが

病気辞典から病気ごとに、症状・原因・診断・治療別に紹介します。

犬の病気辞典!症状、原因、診断、予防、治療から詳しく紹介



考えられる原因と対処方法

犬が片足を持ち上げたり引きずるなど、異常を見せる事があります。


よくあるのは、散歩や運動の最中にトゲなどが足の裏に刺さったり、金属やガラスの破片を踏んで足を切ったなどのケガです。


このようなケガの場合は一緒に出血などの症状も見られることもあるので良く観察していけば原因がはっきりとしてきます。

傷が大きい場合はすぐに動物病院へ。


外傷がないのに足を持ち上げて歩く時は、骨折や脱臼のほかに先天的(遺伝)などの股関節整形不全、靭帯の断裂、さらには骨のガンが疑われます。


特に多いのは大型犬などに多くみられる股関節整形不全という遺伝的な病気です。


正直完治ということになるのは非常に難しい病気です。一番の対象法としてはやはり体重コントロールです。


太らせすぎないでやせすぎない、絶妙な体重にしっかりとなるように食事の調整をかけて股関節に負担をかけないようにすることが重要です。


ただし病気の種類が何なのかを判断することは非常に難しいので、歩き方に異常が見られるのであれば一度動物病院に行き検査が必要です。



犬の健康診断TOPへ戻る





 詳しくは「犬の保険を知る」をご覧ください



サブコンテンツ

犬の辞典人気ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    犬の保険を比較するコンテンツが当サイトの1番人気コンテンツに。

    1か月のページビューは約3000ページビューと多くの方にご覧いただけました。

    ありがとうございます。

    日々多くの方が犬の保険について関心をお持ちであるということが伝わってきました。

  • オススメのドッグフードとドッグフードの真実

    犬の保険ランキング

    ドッグフードについてのコンテンツが2位にランクイン。

    今だ知られることのないドッグフード業界の裏の闇を暴露しながらそんな闇に愛犬が呑み込まれないようにするためのドッグフード選びを紹介しているコンテンツです。

  • 犬を捨てま宣言

    アイペットを知る

    捨て犬をなくす為の活動「犬を捨てま宣言」が3位にランクインしました。

    「あなたの宣言で捨て犬を0に」をテーマに犬の辞典で最も力を入れて取り組んでいるプロジェクトです。

    ぜひご協力お待ちしています。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ

このページの先頭へ