動物保険法の改正でさらに安心に

動物保険法の改正

保険業法の改正前まではペット保険の多くは、法律のバックグラウンドをもたない無認可共済でした。


共済というのは「保険の加入には○○クラブへの入会が必要です。」といった表記をしている会社がほとんどです。


今では保険会社として犬の保険を扱っているアニコムなども元をたどれば共済だったんです。


もちろん無許可での営業をしているところすべてがよくない会社というわけではないのですが、監視をするところがないので保険金の未払いが続いてしまったりするトラブルが多くなってきたのをきっかけに法の改正が行われました。


法の改正が行われ今まで共済として営業していた犬の保険は
・保険会社(免許制度)として資格を取得する
・少額短期保険業者として新たに登録する
・廃業をする
この3つの選択肢に絞られることになりました。


犬の保険を扱っていた会社のほとんどは資金が少なくて済む「少額短期保険業者」へ登録を行い営業を続けることができましたが、登録制と免許制度になりペット保険はふるいにかけられた形で、ずぼらな営業体制の会社や支払い能力のない会社はペットの保険を扱えなくなり廃業を選ばざるをえなくなったのです。


ですので法律の改正後はより安心した保険業者の中から犬の保険を選べるようになりました。


実際に法の改正後は保険金未払いなどが法改正前に比べても減っており,犬の保険がより安心したものになったのは確かです。


しかし中には補償についてこの場合は保障できませんなどといった保険金を支払わない会社もあるようです。


ですので法の改正が行われたからと言ってすべてが安心というまでは行っていないというのが私の正直な感想です。


これは人間の保険会社でもいえることです。ましてすべてが保険会社として扱っている人間の保険ですら保険金の未払いなどがニュースで流れるくらいなので、犬の保険でもすべてが安心とは言えないですよね。


ですので数ある犬の保険の中からしっかりと安心して加入することのできる保険会社を選ぶ必要があります。


安心した保険会社を選ぶ方法は、長期にわたって加入者が増えていることや実際に入っている人たちの口コミなどを参考にすると安心できるかできないかはわかってくると思います。


もちろん当サイトでも口コミなどの情報をしっかりと公開していますので参考に安心できる保険会社を選んでください。


保険会社と少額短期保険業者の違いについては「保険と少額短期保険業者」で紹介を行っております。



犬の保険基礎知識一覧に戻る



サブコンテンツ

犬の保険ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    数多くある犬の保険10社以上を実際に私が加入する際に調べた情報をもとに比較してみました。

    比較内容は・料金・プラン・補償内容・更新内容・割引特権などです。
    これを見れば犬の保険の内容がまるわかりです。

  • この保険だけでいいオススメの犬の保険

    オススメの犬の保険

    私が今まで調べ上げた保険の中でもダントツで保険料も安く、質の高い、たった2つの犬の保険を大公開しちゃいます。

    日々増えていく犬の保険の中でもこの2つの保険さえ押さえておけば全く問題ありませんよ

  • 月々1500円から入れるPS保険を知る

    PS保険を知る

    通院も手術も入院も保障されるのに低額に設定されているのがPS保険

    しかも保障内容も充実しているので低価格なのに質の高い保険に設定されているのもうれしいですよね。

    もしもの時の保険だからこそ少しでも安く入りたいというかたに取って見ればこの保険以外にないというくらいにお勧めできます。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ







このページの先頭へ