犬の保険の犬種の種類による金額の違いについて

犬の保険の犬種の種類による金額の違い

犬の保険料金の決まりは、基本的に体型・犬種・年齢から判断されます。


特に年齢においては年を取ればその分免疫も落ちてしまう為、保険料金も高くなっていてしまいます。


体型でも治療にかかる金額に違いが出てくる事などから大きくなればなるほど保険料金は基本的に上がります。


では犬種によって保険料が変わる理由としては、犬種によって病気にかかりやすい犬種やかかりにくい丈夫な犬種が分かれるためです。

詳しい犬種によってかかりやすい病気はこちらから確認してみてください。


当サイトで紹介している犬の保険会社の金額の決まりは
体型・犬種・年齢⇒アイペットうちの子ライトアニコム損保
犬種・年齢⇒ペッツベストいぬのきもち保険
体型・年齢⇒PS保険ペット&ファミリー
年齢⇒もっとぎゅっとペット保険
体型⇒日本アニマル倶楽部


しかし犬種によって保険料は変わってきますが基本的な考えは保険料金を細かく分けているか、分けていないかの違いが主ですので、決まりの項目が少ないから保険料金が安いというわけではありません


保険会社も会社なので病気にかかりやすい犬種に対しては保険料金を高く設定して比較的病気にかかりにくい犬種は保険料を安くするなどの設定を行っています。


また犬種によっての保険料金に違いがない保険に関しては決して保険料金が安いわけではなく、総合して平均的に金額を割り出しているので、病気になりにくい犬種に対しては保険料は高く設定されていることがほとんどです。


価格だけでみるのであれば犬種によっての違いよりは年齢が上がるにつれて金額が上がっていくということに注意してください。


基本は1年ごとに金額が上がっていく保険が多いのですが中には3年や5年ごとの保険もあります。


3年ごとの保険料の更新がある保険はPS保険でやはりお得感はあります。


しかし、1年ごとの更新があっても、年齢によっての増額の幅を抑えられている保険も登場していますのでこちらも注目してください。



しっかりと総合的に10年先まで見た時の保険料金を計算して比較をすることをお勧めします。


若いときは安く歳をとるごとに保険料金が高くなってきます。


今の年齢だけで保険料金が安くても10年間同じ保険に入った時に総合的な金額を比較すると驚くような結果になることも多いんです。


最低でも上記で上げている通り若いうちに加入するのであれば10年間のトータルの保険料金、5歳を過ぎているのであれば13歳前後までの総合のトータル料金で保険料金を比較するとわかりやすいと思います。


12歳まで比較を行えばそれ以降長く加入しても総合的にみて保険料金が変わることはないと思います。



犬の保険基礎知識一覧に戻る



サブコンテンツ

犬の保険ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    数多くある犬の保険10社以上を実際に私が加入する際に調べた情報をもとに比較してみました。

    比較内容は・料金・プラン・補償内容・更新内容・割引特権などです。
    これを見れば犬の保険の内容がまるわかりです。

  • この保険だけでいいオススメの犬の保険

    オススメの犬の保険

    私が今まで調べ上げた保険の中でもダントツで保険料も安く、質の高い、たった2つの犬の保険を大公開しちゃいます。

    日々増えていく犬の保険の中でもこの2つの保険さえ押さえておけば全く問題ありませんよ

  • 月々1500円から入れるPS保険を知る

    PS保険を知る

    通院も手術も入院も保障されるのに低額に設定されているのがPS保険

    しかも保障内容も充実しているので低価格なのに質の高い保険に設定されているのもうれしいですよね。

    もしもの時の保険だからこそ少しでも安く入りたいというかたに取って見ればこの保険以外にないというくらいにお勧めできます。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ







このページの先頭へ