犬の保険に入ったほうがいい犬種について

動物保険法の改正

ズバリ犬種によっては犬の保険に加入しておいたほうがいいという犬種があるんです。


なぜかというと犬種によってもなりやすい病気が違ったり、病気になりやすい犬種があるからです。


それは犬種別に特徴があり原産地、遺伝子的系統が違うからです。


犬は犬でも犬種が違えば犬種ごとに性格の違いや体質の違いとなり、犬種ごとにかかりやすい病気もある種の傾向があるようです。


その為飼っている犬種がどのような病気になりやすいのかをしっておく必要はあると思います。


もちろんすべての犬種で必ずなるとか、こんな性格や体質になるというわけではなく、あくまで傾向的に多いということですので参考程度に考えてください。


私的には多くのわんこと接してきていますがこの傾向は当たっていると感じることが多くありますので参考にしています。


ここでは分かりやすく代表的な例をあげて紹介をしていきたいと思います。


まずダックスフンド、ウェルッシュコーギーなどの胴長短足の犬種はヘルニアになりやすい傾向が有ります。


ヘルニアは手術になってしまう事も多い病気で、その後も治療が必要なため治療代は高額になってしまう恐れがあります。


また小型犬の場合は膝蓋骨脱臼という病気になりやすいので注意が必要です。

しかもこの膝蓋骨脱臼という病気は犬の保険の適応外にされていることも多いので、小型犬で犬の保険に加入を考えている方は、膝蓋骨脱臼がしっかりと保障される保険を選ぶことが必要になります。


コッカースパニエル系の犬種では目の病気や皮膚の病気などにかかりやすい傾向はあるものの全体的にみると大きな病気にはかかりにくい犬種だとされています。


ラブやゴールデンなどの大型犬によく見られる病気は股関節形成不全などの関節の病気にかかることが多く特に大型の犬種では病気になった時の病院代も大きくなってきますので犬種に関係なく犬の保険には加入しておいたほうがいいでしょう。


このように犬種によってなりやすい病気には傾向が見られます。総合的にみると病気になりやすい犬種を例に上げると、プードルやダックスなどは病気にかかりやす犬種と言っていいと思います。


またそんな犬種の中でも病気にかかりにくい犬種としてあげられる犬種はパピオンが挙げられます。


遺伝子の病気などもあまり見られず病気にかかりにくい犬種なので、犬の保険に加入しても補償内容を最低限まで落とし価格を下げることができると思います。



詳しい犬種によるなりやすい病気は「犬種によってなりやすい病気」をご覧いただけますと25の犬種を紹介していますので参考になります。



犬の保険基礎知識一覧に戻る



サブコンテンツ

犬の保険ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    数多くある犬の保険10社以上を実際に私が加入する際に調べた情報をもとに比較してみました。

    比較内容は・料金・プラン・補償内容・更新内容・割引特権などです。
    これを見れば犬の保険の内容がまるわかりです。

  • この保険だけでいいオススメの犬の保険

    オススメの犬の保険

    私が今まで調べ上げた保険の中でもダントツで保険料も安く、質の高い、たった2つの犬の保険を大公開しちゃいます。

    日々増えていく犬の保険の中でもこの2つの保険さえ押さえておけば全く問題ありませんよ

  • 月々1500円から入れるPS保険を知る

    PS保険を知る

    通院も手術も入院も保障されるのに低額に設定されているのがPS保険

    しかも保障内容も充実しているので低価格なのに質の高い保険に設定されているのもうれしいですよね。

    もしもの時の保険だからこそ少しでも安く入りたいというかたに取って見ればこの保険以外にないというくらいにお勧めできます。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ







このページの先頭へ