犬の保険の役割ってなんだと思いますか

犬の保険の役割

犬の保険の役割は、もちろん病気になったときの補償が一番ですが、それ以外にも大事な役割が存在すると思います。


私が一番思う役割は、保険に入ることでちょっとしたわんこの変化でも病院に行きやすくなるという事です。


犬の病気の治療費は人間に比べると料金も高くなってしまう為、病院に通う事に抵抗を感じている方も少なくないのが現状です。


犬の場合、がまん強いために症状が出た時にはもう病気がかなり進行していることが多いため、保険に入っていることで些細な変化でも病院での診察率が高くなっています。


このことから犬の保険に入ることが、早期発見⇒完治に繋がりやすくなります


では一番重要な補償の役割というのは、負担を軽くしてよりわんことの生活を楽しくすることだと思います。


人間も健康保険があるから病気になっても負担が少なく安心して暮らすことができますよね。


これはわんこにはもっと言えることです。実際に元気なうちは全く治療費はかかりませんが、病気にかかってしまうと高額な治療になってしまうことも少なくはありません。


上記でもあげている通り、わんこは我慢強い動物だからです。ちょっとの風邪などでは症状に出さないことも多く、症状が現れた時には病気が進行しているため治療費も多くなってしまうのです。


ではどんな保証が一番犬との生活によい役割を発揮すると思いますか?補償内容が素晴らしい保険?それとも補償内容があまり良くない保険?もちろん補償内容は素晴らしいことに越したことはありませんよね。


でも補償内容が充実してる保険はもちろん価格も素晴らしく高いんです。これって当たり前ですよね。


ですのでまず役割を果たすために考えなければいけないことは、わんこの保険に対していくらまで出すことができるのかを考えることです。


これは家計に負担がなく継続して払っていくる金額を自分でしっかりと考えることです。


犬の保険の役割は「負担を軽くしてよりわんことの生活を楽しくすること」ですので高額な保険料を払って家計に負担をかけてしまってはわんことの生活を楽しく送ることはできません。


まずはこれくらいなら払えるよっていう金額を決めましょう。


その中でその金額にあった、一番補償内容のいい保険を選べばいいんです。

でもちょっと待ってください。


補償内容だけで見ても実際は…ていうことも少なくないので、安心して入れる安心感も必要です。

……ってだんだん難しくなってしまっていますね…安心してください。そのためにこのサイトを作ったんですから。

まずは保険会社をしっかりと比較してみてください。金額はもちろん、補償内容もしっかりと紹介していますし、安心できる保険会社も私なりに調べて紹介していますよ。


しっかりと犬の保険の役割を果たせる犬の保険を選んでくださいね。


犬の保険基礎知識一覧に戻る



サブコンテンツ

犬の保険ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    数多くある犬の保険10社以上を実際に私が加入する際に調べた情報をもとに比較してみました。

    比較内容は・料金・プラン・補償内容・更新内容・割引特権などです。
    これを見れば犬の保険の内容がまるわかりです。

  • この保険だけでいいオススメの犬の保険

    オススメの犬の保険

    私が今まで調べ上げた保険の中でもダントツで保険料も安く、質の高い、たった2つの犬の保険を大公開しちゃいます。

    日々増えていく犬の保険の中でもこの2つの保険さえ押さえておけば全く問題ありませんよ

  • 月々1500円から入れるPS保険を知る

    PS保険を知る

    通院も手術も入院も保障されるのに低額に設定されているのがPS保険

    しかも保障内容も充実しているので低価格なのに質の高い保険に設定されているのもうれしいですよね。

    もしもの時の保険だからこそ少しでも安く入りたいというかたに取って見ればこの保険以外にないというくらいにお勧めできます。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ







このページの先頭へ