噛み付き事故って責任と賠償問題について知る

噛み付き事故って責任と賠償問題

犬の噛み付きによる事故は環境省によると年間でなんと4000件以上も発生しておりその内の9割は飼い犬による事故になっているとの事でした。


その中でも散歩中の事故や来客が来たときの事故が多いということです。


放し飼いが原因であったりと管理体制をしっかりと行っていれば事故にならなかったケースも多く存在していました。


飼い犬が他人に怪我をさせたときは刑事、民事共に責任を負うことになるのでしっかりとした愛犬のしつけと放し飼いなどを行わないなどの管理をしっかりとしなければいけません。



飼い犬が暴れて噛んでしまい他人に怪我をさせた場合は、飼い主に落ち度がある場合は損害賠償責任が発生します。


飼い主の落ち度という点で飼い主に落ち度が無いときというのは「動物の飼育に相当の注意を持って管理をしている」時は責任が発生しないとなっております。


しかしこの相当の注意を持って管理しているということを証明するのはかなり難しいということです。


ですので他人に怪我をさせてしまうことが無いようにしっかりと飼い主が注意して愛犬を育てていく必要があります。



加害者のからだに消えないような傷を残してしまった、体がうこがないような怪我をさせてしまったのどの場合は1000万円を超える賠償を迫られることもあります。


また中には、怪我の具合や飼い主の落ち度によっては犯罪になってしまうこともあります。


現在の犬の保険ではこのような、犬が他人に怪我をさせた、物を壊してしまったなどの損害賠償の保障を行ってくれる保険もあるので不安な方は1度損害賠償保険を調べてみるのも良いと思います


ちなみに上記の犬の保険では基本的にオプションとして損害賠償の保障に加入することができます。


私のお勧めする保険のアイペットうちの子ライトでは月130円を追加するだけで、1事故につき500万円の範囲内で保障が適応されます。


もしもの時の保険で加入するのであればアイペットのオプションを付けるのがオススメです。


しかもアイペットうちの子ライトではもしもの時の手術に特化した保険になっていて、保険料と損害賠償のオプションを付けても毎月1120円~という低価格でもしもの時に備えることができます。




犬の保険基礎知識一覧に戻る



サブコンテンツ

犬の保険ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    数多くある犬の保険10社以上を実際に私が加入する際に調べた情報をもとに比較してみました。

    比較内容は・料金・プラン・補償内容・更新内容・割引特権などです。
    これを見れば犬の保険の内容がまるわかりです。

  • この保険だけでいいオススメの犬の保険

    オススメの犬の保険

    私が今まで調べ上げた保険の中でもダントツで保険料も安く、質の高い、たった2つの犬の保険を大公開しちゃいます。

    日々増えていく犬の保険の中でもこの2つの保険さえ押さえておけば全く問題ありませんよ

  • 月々1500円から入れるPS保険を知る

    PS保険を知る

    通院も手術も入院も保障されるのに低額に設定されているのがPS保険

    しかも保障内容も充実しているので低価格なのに質の高い保険に設定されているのもうれしいですよね。

    もしもの時の保険だからこそ少しでも安く入りたいというかたに取って見ればこの保険以外にないというくらいにお勧めできます。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ







このページの先頭へ