犬の保険の支払限度額って何?

支払限度額

犬の保険では1回の通院や手術に支払われる金額に制限がかかっている保険があります。


通院した際に50%保障の保険で支払限度額が5000円に設定されていた場合
15000円かかった時は、50%補償なので、7500円が支払われることになりますが、支払限度額が5000円に設定されているので7500円の保障がされるのではなく限度額いっぱいの5000円が補償されるようになります。


もちろん手術などに関しては支払限度額も高めに設定されています。


私が保険を選ぶときに支払限度額の目安として考えていた金額は
通院、入院ともに10000円以上(出来れば入院は15000円はあったほうが安心)
手術は最低100000円まで補償される保険会社を探しました。


また今では支払限度額を定めていない保険も多く登場してきました。

一回の通院や入院などに上限を決めないで、かかった金額に対しての保障をしてくれる保険です。


ただしこの保険に関しては支払限度額の設定ではなく、年間の限度額を決めておりその金額内であれば、何回通院しても、いくらかかってもその分はしっかりと保障がされる保険になっています。


どちらがいいのかというと、どっちもどっちだと思います。

もちろん保障の面に関しては支払限度額の決まっていない保険がいいと感じるのですが、やはりその分保険料は上がってきます。


お金さえかければどんなに手厚い補償を行える保険はあると思いますが、保険選びで重要なことは保険料金と保障内容のバランスです。


そんなバランスのとれた自分にある保険を探してくださいね。

そこで参考にしていただきたいコンテンツは犬の保険の比較です。

10社の犬の保険をいろいろな角度から徹底的に比較を行ったコンテンツです。

自分に合う保険はどんな保険なのかを考えながら是非ご覧ください。



犬の保険保障内容一覧に戻る



サブコンテンツ

犬の保険ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    数多くある犬の保険10社以上を実際に私が加入する際に調べた情報をもとに比較してみました。

    比較内容は・料金・プラン・補償内容・更新内容・割引特権などです。
    これを見れば犬の保険の内容がまるわかりです。

  • この保険だけでいいオススメの犬の保険

    オススメの犬の保険

    私が今まで調べ上げた保険の中でもダントツで保険料も安く、質の高い、たった2つの犬の保険を大公開しちゃいます。

    日々増えていく犬の保険の中でもこの2つの保険さえ押さえておけば全く問題ありませんよ

  • 月々1500円から入れるPS保険を知る

    PS保険を知る

    通院も手術も入院も保障されるのに低額に設定されているのがPS保険

    しかも保障内容も充実しているので低価格なのに質の高い保険に設定されているのもうれしいですよね。

    もしもの時の保険だからこそ少しでも安く入りたいというかたに取って見ればこの保険以外にないというくらいにお勧めできます。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ







このページの先頭へ