犬の保険で保障されない病気を知る

保障されない病気

犬の保険では補償される病気やケガと補償されない病気やケガが存在します。


保険会社によってこの部分はバラバラですが、契約者本人の故意によるケガや自然災害や責任開始前に被った身体障害、遺伝的になる病気、治療費以外の費用(移送費や健康食、サプリメントなど)などはほとんどの場合補償されない対象とされています。


また、予防注射を打っていれば、かからないで済んだ病気なども補償外とされています。

以上が大抵の犬の保険会社で保障の対象外とされる部分です。

これに関しては当たり前といえば当たり前です。

ここまで保障をしてしまうと掛け金がかなり上がってしまいますからね。


ここからが保障されない病気について本番です。

補償対象外の病気は存在しますが、1つの目安として私が犬の保険選びを行っているときに考えていたことは以下の通りです。

  • ガン
  • ヘルニア
  • 皮膚病
  • 膝蓋骨脱臼(小型犬によくみられる)など

比較的かかりやすい、かかった時の費用が大きい病気やけがにも対応しているかを目安として考えました。


最低でも上記の病気にしっかりと対応していない保険は加入するべきではないと思います。


もしもの時の保険なのに保障されないということはあってはならないというのが私の考えなので。


ちなみに私がオススメとして挙げている2つの保険は上記の病気に対してもしっかりと保障がされる保険なので安心はできると思います。




犬の保険保障内容一覧に戻る



サブコンテンツ

犬の保険ページビューランキング

  • 犬の保険を10社以上から徹底比較

    数多くある犬の保険10社以上を実際に私が加入する際に調べた情報をもとに比較してみました。

    比較内容は・料金・プラン・補償内容・更新内容・割引特権などです。
    これを見れば犬の保険の内容がまるわかりです。

  • この保険だけでいいオススメの犬の保険

    オススメの犬の保険

    私が今まで調べ上げた保険の中でもダントツで保険料も安く、質の高い、たった2つの犬の保険を大公開しちゃいます。

    日々増えていく犬の保険の中でもこの2つの保険さえ押さえておけば全く問題ありませんよ

  • 月々1500円から入れるPS保険を知る

    PS保険を知る

    通院も手術も入院も保障されるのに低額に設定されているのがPS保険

    しかも保障内容も充実しているので低価格なのに質の高い保険に設定されているのもうれしいですよね。

    もしもの時の保険だからこそ少しでも安く入りたいというかたに取って見ればこの保険以外にないというくらいにお勧めできます。

捨て犬ゼロへ「犬を捨てま宣言」募集中です。

是非「宣言」&「いいね」をもらえると嬉しく思います。


  

宣言を行って頂ける方はこちらへ







このページの先頭へ